So-net無料ブログ作成

カミラ・レックバリ

カミラ・レックバリ(Camilla Läckberg、1974年8月30日 - )は、スウェーデンの小説家。スウェーデン西海岸の小さな町・フィエルバッカで生まれた。現在、2人の子どもとストックホルムに在住。経歴エコノミストとして数年働いた後に、「エリカ&パトリックシリーズ」でデビュー。スウェーデン本国では、シリーズ4作が合計400万部の売り上げを記録し、1970年代の推理小説シリーズ「マルティン・ベック」や2000年代のベストセラー「ミレニアム」を超える人気シリーズとなった。世界25カ国以上で翻訳されている。アマゾンUKによるキャッチコピーは、「現代に甦った、スウェーデンのアガサ・クリスティ」である。2005年にSKTF賞の「今年の作家賞」を、翌2006年には国民文学賞を受賞した。作品リストエリカ&パトリック事件簿作家のエリカが幼なじみの刑事パトリックと捜査に関わるシリーズ。第1作「氷姫」は、テレビドラマ化され、映画化も決定している。日本では、原邦史朗の訳で集英社文庫より刊行されている。氷姫 Isprinsessan (2003) 2009年8月25日発行、ISBN 978-4-08-760584-6、解説・穂井田直美Predikanten (2004)Stenhuggaren (2005)Olycksfågeln (2006)Tyskungen (2007)Sjöjungfrun (2008)外部リンクカミラ・レックバリ&フィエルバッカ(スウェーデン語) - 公式サイト 「http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%9F%E3%83%A9%E3%83%BB%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%90%E3%83%AA」より作成カテゴリ: スウェーデンの推理作家 | 1974年生 | 存命人物隠しカテゴリ: 文人関連のスタブ

<陸山会土地購入>小沢氏説明なお疑問 原資、供述食い違い(毎日新聞)
胆沢ダム工事受注の「宮本組」へ 談合仕切り役“天下り” 下請け捜索(産経新聞)
小沢氏の「名代」大久保容疑者と、石川容疑者の“後輩”池田容疑者(産経新聞)
渋谷、新宿、アキバでメッセージ=おれおれ撲滅で街頭ビジョン−警視庁(時事通信)
<協議の場>設置に向け、法案の骨子まとまる(毎日新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。