So-net無料ブログ作成
検索選択

独居房の室温上げ虐待=事実隠ぺい、書類偽造の疑い−職員5人書類送検・宮崎刑務所(時事通信)

 独居房の室温を上げて受刑者を虐待、さらに事実を隠ぺいするため書類を偽造したとして、宮崎刑務所は23日、職員1人を免職、3人を停職6カ月の懲戒処分にしたと発表した。また、調査の過程で自殺した職員1人を含む5人について、特別公務員暴行陵虐、虚偽公文書作成の疑いで書類送検した。
 同刑務所は併せて、当時の所長の監督責任を問い、減給100分の10(2カ月)とした。
 同刑務所によると、2008年7月24〜25日、50代男性受刑者を独居房に入れた際、5人は受刑者を懲らしめる目的で、室内の床暖房を作動させ室温を38度程度まで上げて虐待したという。また発覚を恐れ、5人のうち1人が室温38度と書かれた書類を、28度に書き換えたとされる。
 さらに法務省福岡矯正管区が同年8月に監査した際、受刑者が当時の虐待について訴えたため、5人は共謀して、同9月に書き換えた跡がない偽造書類を新たに作成したという。
 昨年11月ごろに同管区が実施した行政調査で疑惑が発覚。職員の事情聴取を進めていた今年3月、聴取中だった1人が事件を苦にした内容の遺書を残して自殺した。
 松村明福岡矯正管区長の話 誠に遺憾で被害者をはじめ、国民の皆さまに深くおわびする。 

【関連ニュース
不適切取材で役員ら懲戒処分=TBS
銃許可業務怠り、24人処分=94年から14年間
上司に暴言、同僚を暴行=職員を停職処分
地方異動ちらつかせ現金要求=100万円受領
逮捕の警部補、盗撮も=県警が懲戒処分

コブフウセンウオ稚魚、飼育施設で初の孵化 鳥取(産経新聞)
<訃報>山本則直さん71歳=能楽師狂言方大蔵流(毎日新聞)
噴火で足止めの旅客、JAL機で成田到着(読売新聞)
民主の議連改革 「超党派」5割 主導権掌握(産経新聞)
<自民党>舛添氏「新党の『し』の字も話していないのに…」(毎日新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。