So-net無料ブログ作成

転倒の三宅雪子衆院議員、車いすで国会(スポーツ報知)

 民主党の小沢ガールズの一員、三宅雪子衆院議員(45)が、国家公務員法改正案の採決時に転倒した一件が13日、国会論戦にまで波及する大騒動に発展した。右足に大きなあざができた三宅氏はこの日、車いすで登場。同党では懲罰動議を求める声も上がったが、「三宅氏を突き飛ばした」とされた甘利明前行革担当相(60)はこれを完全否定。衆院本会議では小泉進次郎衆院議員(29)がほえ、真相究明は避けられない状況となった。

 国会内で行われた代議士会に、三宅氏が車いすで現れた。右足のひざとくるぶしに、大きな青あざ。この光景に同僚議員らは思わず息をのんだ。

 代議士会では山岡賢次国対委員長が「甘利さんが三宅さんを2メートル先まで突き飛ばした。ワタシのような者にやるのはいいが、かわいい美人の三宅さんを突き飛ばした。甘利さんの目の前には靴があった。明らかな暴力行為だ」と指摘した。

 車いすのまま取材に応じた三宅氏は「自分では、あの瞬間に何が起きたのか分からないんです。後で聞いたら、周りの方々が『甘利さんだ』と言うんですが…。顔の右半分も打った」と説明した。

 ここが発火点となり、三宅氏がこの日の国会の主役に躍り出た。まず、甘利氏が大反論。「三宅さんには一切、触っていません。私と三宅さんの間の男性から、私が押されたんです。前に行こうとしたら、三宅さんがああいうパフォーマンスを。私、そんなに力持ちじゃありません」

 午後3時、三宅氏が松葉づえで本会議場に入ると、与党議員から「ウォーッ」というどよめきが。同僚議員に背負われて採決を終えると、拍手の嵐。しかし討論に立った小泉氏は「昨日の内閣委員会で暴行は一切なかった。あったのは民主党の強行採決だけです」と、ヤジをあびながら論じきった。

 国会内のあちこちでは、議員がパソコンや新聞を開き、写真や動画で「押した」「押していない」の大論争。当の三宅氏は「きのうは厚労委が流会になり、急に呼ばれての内閣委出席でした。事前に考えていたパフォーマンスのように言われたのが、ものすごいショック」と、うなだれていた。


 【関連記事】
三宅議員の転倒で応酬!進次郎氏「暴力行為は一切なかった」
進次郎氏“修羅場”もみ合い、転倒、けが人も!
進次郎氏「巨人はまるで人材の宝庫」
進次郎氏、鳩山内閣追及に自信…初外遊の米国から帰国

転倒三宅雪子議員に批判殺到 車イス・松葉杖「わざとらしい」(J-CASTニュース)
政府、口蹄疫対策に総力=農家への生活・経営支援―予防的殺処分の拡大検討(時事通信)
B型肝炎訴訟 救済範囲、賠償額…道のり険しい全面和解(産経新聞)
<森林法違反>タケノコ盗んだ11人を書類送検 京都(毎日新聞)
巡視艇が暗礁接触、航行不能に…千葉・富浦湾(読売新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。