So-net無料ブログ作成
-| 2010年01月 |2010年02月 ブログトップ

仲間の2少年 窃盗容疑で逮捕 警官に追われ転落死(産経新聞)

 大阪市平野区の市営住宅で25日早朝、警察官の追跡を受けて逃走中に転落死した同市内の無職少年(18)とともに逃げていた仲間の少年3人が26日未明、平野署に出頭。同署は、逃走直前にコンビニエンスストアで万引したとして、いずれも同市内の18歳の無職少年2人を窃盗容疑で逮捕した。残る1人の男子高校生(17)は、万引に関与していないという。平野署によると、少年らは近所の遊び仲間で、「仲間が死亡したと知ってびっくりして出頭した」と話しているという。

 逮捕容疑は25日午前3時35分ごろ、東大阪市若江東町の「ローソン東大阪若江東町店」で、弁当など計21点(8315円相当)を盗んだとしている。

 平野署は、逮捕された少年2人が万引の実行犯、転落死した少年が運転手を務めていたとみている。少年らは万引した後、軽乗用車で現場を離れたが、パトカーに見つかり逃走。うち1人が市営住宅の屋上に逃げ込み、転落死した。

<地震>青森県で震度4=午後4時19分ごろ(毎日新聞)
脱走した「北限サル」無事に捕獲 上野動物園(産経新聞)
日教組の教研集会始まる 58年ぶり文科省から「来賓」(産経新聞)
<コインパーキング>京の町並み虫食う 届け出“不要”で増加(毎日新聞)
テレビ東京が岡崎市に逆抗議「むしろ心外」(産経新聞)

センター試験の外国人参政権「容認」 川端文科相「問題ない」(産経新聞)

 川端達夫文部科学相は22日午前の衆院予算委員会で、16日に実施された大学入試センター試験の現代社会の問題の中で、最高裁が外国人参政権を憲法上問題ないと容認する立場であるかのように判断させる記述があったことについて、「特段問題があるとは思わない」と述べた。自民党の小池百合子元防衛相の質問に答えた。

 川端氏は理由として「試験問題は専門的見地から作成している。文科省の学習指導要領に基づいている限り専門的判断を尊重するべきだ」と説明した。

 問題は日本の参政権に関する記述として「適当でないもの」を4つの選択肢の中から選ばせるもの。「最高裁判所は外国人のうちの永住者等に対して地方選挙の選挙権を法律で付与することは憲法上禁止されていないとしている」との記述は「誤りではない」ことになっている。

 最高裁は平成7年2月、「参政権は国民主権に由来し、憲法上日本国籍を有する国民に限られる」とする従来の判例を維持。上告を棄却して原告側の敗訴が確定していた。ただ、判決の傍論で「法律で、地方自治体の長、その議会の議員等に対する選挙権を付与する措置を講ずることは、憲法上禁止されているものではない」と記述した。

【関連記事】
全国議長会「参政権で地方意見聴くべき」
「朝日新聞が世論調査捏造」と話題に 名護市の情勢調査と混同
外国人地方参政権付与法案には「反対」 自民・谷垣氏
【鳩山政権考】どうする地方参政権付与法案 花岡信昭
センター試験設問で「外国人参政権容認?」

サンシャイン国際水族館でペンギンがベビーラッシュ(産経新聞)
【単刀直言】塩川正十郎元財務相 「小沢支配」は危ない(産経新聞)
首相動静(1月23日)(時事通信)
<支笏湖氷濤まつり>30基の氷像が七色に 29日開幕(毎日新聞)
チンパンジーは自分の名前を判別(産経新聞)

-|2010年01月 |2010年02月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。