So-net無料ブログ作成

東方神起が活動休止(時事通信)

 韓国の人気男性ダンスボーカルグループ「東方神起」が活動を休止すると、所属するエイベックス・マネジメントが3日、発表した。同社は「今後もそれぞれ5人の活動に関して全力でサポートしていく」とコメントしている。
 東方神起は2004年に韓国でデビュー。翌年、日本でも活動を開始、NHK紅白歌合戦に出場するなど人気を集めていた。 

【関連ニュース】
しばたはつみさん死去(歌手)
NHK「紅白」視聴率は40.8%
大トリは北島三郎さん=NHK紅白歌合戦
スーザン・ボイルさん出演も=NHK紅白
「歌の力」を全国に=「紅白歌合戦」の曲目決まる

<サル>ボスに君臨11年4カ月、「ゾロ」は温厚、仲間思い(毎日新聞)
自殺「月初め多い」3月1日は最少日の2・5倍(読売新聞)
市販薬ネット販売禁止は「合憲」…東京地裁(読売新聞)
天気 近畿、冷え込む 金閣寺も雪化粧 (毎日新聞)
「民主に失望」7割、内閣「評価しない」54%(読売新聞)

自民中堅・若手が谷垣総裁に「執行部刷新」を直談判(産経新聞)

 自民党の山本一太、世耕弘成両参院議員らが25日、党本部で谷垣禎一総裁と会談し、執行部の刷新を申し入れた。

 山本氏らが提出した要望書には衆参8議員が署名。鳩山政権がマニフェスト(政権公約)違反や「政治とカネ」の問題などで国民の失望を買っているのに、自民党が反転攻勢できないのは「古色蒼然(そうぜん)とした長老支配の政党」のイメージが変わらないためだとしている。その上で、参院も含めた人事の刷新と、「国民にアピールする人材」の登用を求めた。

 谷垣氏は「人事はやるときはやるし、やらない場合もあるかもしれないが、今言うのは良くない」と、どのように対応するかの明言を避けた。同席した大島理森幹事長は「『古色蒼然』というのはワシも入っているのかね」と反発した。

 また、山本、世耕両氏はこの日、中川秀直元幹事長や塩崎恭久元官房長官らとともに、公務員制度改革に関する勉強会を開き、政府案への対案をまとめた。各省が天下り先を斡旋(あっせん)した場合の刑事罰を盛り込むなど、麻生内閣当時の法案を強化した。26日の党行政改革推進本部の会合で自民党案として採用するよう呼びかける。

【関連記事】
「党は崩壊寸前」 自民5議員、著書で世代交代要求
自民も「執行部処遇が本格化」 参院選へ苦難の谷垣総裁
自民党苦悩の現場 「邦夫の乱」は沈静も…
自民・谷垣総裁 続く苦境 「体制強化」表明
揺らぐ自民 川崎氏への非難囂々 「刎頸の友」を切れるか?
あれから、15年 地下鉄サリン事件

政権批判の1等陸佐、2中隊長「間違ってない」(読売新聞)
今度は機密費巡って閣内不一致 鳩山内閣に「調整機能ナシ」(J-CASTニュース)
今度は機密費巡って閣内不一致 鳩山内閣に「調整機能ナシ」(J-CASTニュース)
特定看護師の制度化に向け来年度から検討を(医療介護CBニュース)
<桜田門外の変>150年の和解法要…水戸、彦根市長が参列(毎日新聞)

インフル定点、8週連続で減少(医療介護CBニュース)

 全国のインフルエンザ定点医療機関当たりの患者報告数が、3月15-21日の週は0.41で、全国的な流行の指標となる「1.0」を3週連続で下回ったことが26日、国立感染症研究所感染症情報センターのまとめで分かった。前週より0.1ポイント減り、8週連続の減少となった。


【都道府県別の表詳細の入った記事】

 定点当たり報告数を都道府県別に見ると、32都道府県で前週よりも減少。1.0を上回ったのは富山(2.23)、佐賀(1.97)、岩手(1.88)など6県だった=表=。

 警報レベルを超えた保健所地域は5週連続でゼロ。一方、注意報レベルのみを超えた保健所地域は3週ぶりに1か所(富山)あった。


【関連記事】
インフルでの入院、9週連続で減少
B型インフル、検出続く―注意必要と感染研
インフル患者、7週連続で減少
GSK社製2368万回分を解約、違約金なし―輸入新型ワクチン
新型含む3価インフルワクチン製造へ―厚労省方針

<柔道部の事故>防止を訴え家族らが「被害者の会」(毎日新聞)
【暗流 公益法人の闇】黒澤財団、寄付金流用(産経新聞)
EXILE事務所1億円以上所得隠し 東京国税局指摘(産経新聞)
【土・日曜日に書く】論説副委員長・高畑昭男 「密約以後」に問われる誠実さ(産経新聞)
<東京・江戸川区教委>区立小校長を更迭 保護者と性的関係(毎日新聞)

「人間関係わずらわしく」刑務所のガラス割る 容疑の受刑者を書類送検(産経新聞)

<トキ>2組が巣を作る 08年の放鳥以来初 繁殖に期待(毎日新聞)

 環境省は21日、新潟県佐渡市で放鳥されたトキ30羽のうち、2組のペアが巣を作っている様子が確認されたと発表した。1組は「擬交尾」と呼ばれる求愛行動が見られたことからつがいになったと考えられていたが、営巣はさらに進んで産卵準備の段階。営巣行動が確認されたのは08年の放鳥開始以来初めてで、自然界での初繁殖に期待が一層高まった。

 営巣が確認されたのは佐渡市内の2カ所で、ペアはいずれも3歳の雄と1歳の雌。同省によると、1組は17日ごろから、巣の材料になる枝を運ぶ様子が見られ、巣の存在も確認。もう1組は巣は未確認だが、枝を運ぶ様子が見られ、営巣行動の可能性が高いという。

 同省の担当者は「この時期のトキは最も敏感な時期であり、巣に近づくとやめてしまう可能性もある。そっとしておいてほしい」と話している。【下桐実雅子】

【関連ニュース】
トキ9羽死:夜襲に慌てて金網衝突? テンは一流ハンター
小沢環境相:14日に佐渡トキ保護センター訪問
トキ襲撃:ケージのすき間にテンの毛
トキ襲撃:テン駆除に専門家が論争 生態系壊れる?
トキ:9羽死んだ順化ケージ、構造の見直しを…環境相視察

開港1週間茨城空港の暗い未来 格安航空会社誘致も「色よい返事なし」(J-CASTニュース)
<地震>茨城県で震度3=午後7時27分(毎日新聞)
将棋棋王戦、久保勝ち最終決戦に(産経新聞)
平成15年の強盗容疑で男逮捕 顔の特徴で探す「見当たり捜査」で(産経新聞)
外国人の子ども手当に国内居住要件を検討 長妻厚労相(産経新聞)

<熊本市>12年春に政令市 人口要件緩和でクリア(毎日新聞)

 熊本市は23日、植木、城南両町と合併した。人口が約72万8000人、面積が約390平方キロとなった新熊本市は、80万人から70万人に緩和されている政令指定都市の人口要件をクリアし、12年4月に九州3番目の政令市が誕生する見込み。

 熊本市は九州新幹線全線開通(11年3月)を控え、九州中央で拠点性を高め、より主体的なまちづくりを目指すため、政令市移行を目指して周辺の町との合併を模索してきた。総務省は「平成の大合併」に区切りをつけるとしており、人口要件緩和は3月までとなる。両町との合併は政令市移行の「最後のチャンス」だった。

来年度診療報酬改定は「非常に素直な点数設定」(医療介護CBニュース)
社民、参院選で保坂元衆院議員らの擁立を決定(産経新聞)
小平のリンガーハットに強盗、10万円奪い逃走(産経新聞)
「おもちゃの王様」85歳で博士に…ギネス申請(読売新聞)
押尾学、接見弁護人に弱音 ファンの差し入れ「支え」(産経新聞)

大切な仲間、一緒に戦う 車いすカーリング、抜群のチームワーク パラリンピック(産経新聞)

 ■4年前に急死…「誇りに思っているはず」

 【バンクーバー=共同】パラリンピック初出場の車いすカーリング日本チームには「もう一人のメンバー」がいた。4年前に急死した内海透さん=当時(42)=だ。選手たちは仲間の遺志を継ぎ、18日(日本時間19日)まで続く1次リーグ計9試合を戦っている。

 内海さんは先天性脳性まひを患い、平成12年ごろから車いす生活に。友人の勧めで、16年の信州チェアカーリングクラブ結成に参加した。目標はパラリンピック出場。同クラブから今回の日本チームに4人が選ばれている。

 もともと水泳など運動が得意だった内海さんは、カーリングに熱中していった。実姉の大谷玲子さん(48)=長野県御代田(みよた)町=らが、温暖な土地での療養を勧めても「カーリングがあるから、引っ越せないよ」と笑いながら断っていた。

 同クラブは日本選手権を勝ち抜き、17年の世界選手権(英国)に初出場。控え選手だったが、高校卒業後、父親の転勤で米国に2年間暮らし、英語が堪能だったため、頼りにされた。

 ところが内海さんは18年の日本選手権の前日、心筋梗塞(こうそく)で急死。同クラブメンバーは優勝を決めた大会終了後、死を知った。比田井隆選手(75)は「おおらかな性格で、一生懸命練習に励んでいた。彼は今も大切な仲間」と話す。

 15日(日本時間16日)はトリノ大会で金メダルの強豪カナダと対戦。大谷さんは観客席から応援した。試合は2−13で大敗。それでも試合中、円陣を組んで励まし合い、チームワークの良さを見せた。大谷さんは「きっと弟も誇りに思っているはず」と笑顔を見せた。

三笠宮さまが入院(時事通信)
北教組「逆ギレ」文書に馳議員「蛙の面に小便」 衆院文部科学委(産経新聞)
北日本中心、11日明け方にかけ強風・大雪か(読売新聞)
<沖縄密約>無利子預金は1億347万ドルとほぼ同額 菅氏(毎日新聞)
給与未払い、阿久根市の敗訴確定へ(読売新聞)

<訃報>月城彰子さん89歳=元女優(毎日新聞)

 月城彰子さん89歳(つきしろ・あきこ<本名・仁科淑子=にしな・としこ>元女優)11日、肺がんのため死去。葬儀は17日午後0時半、東京都港区芝公園4の7の35の増上寺光摂殿。喪主は夫で歌舞伎俳優の十代目岩井半四郎(本名・仁科周芳=ただよし)さん。女優の岩井友見さん、仁科亜季子さんの母。

押尾被告の2度目の保釈請求も却下(産経新聞)
北海道根室市で震度3(時事通信)
行方不明 高等養護学校の女子生徒 先月28日から 長崎(毎日新聞)
菅財務相、子ども手当満額支給確約できず 開き直りも(産経新聞)
<訃報>高橋進さん61歳=東京大教授、国際政治史(毎日新聞)

「のぞきたかった」と供述 早大生、女子トイレに侵入の現行犯で逮捕(産経新聞)

 東京都新宿区のビルで先月、早稲田大学教育学部2年の男子生徒(21)が女子トイレに忍び込み、建造物侵入の現行犯で逮捕されていたことが10日、警視庁戸塚署への取材で分かった。同署によると、男子生徒は「のぞきたかった」などと供述している。

 同署は、男子生徒が携帯電話のカメラでトイレを利用する女性を撮影していた疑いもあるとみて捜査している。

 逮捕容疑は先月8日午後8時半ごろ、新宿区高田馬場にある商業ビルの女子トイレの個室に忍び込んだとしている。

 同署によると、トイレに入ってきた女性が男子生徒に気付いてビルの警備員に通報。駆けつけた同署員が個室に隠れていた男子生徒を取り押さえた。

【関連記事】
埼玉の中学校臨時教諭が女子高生を盗撮、現行犯逮捕
更衣室に盗撮カメラ設置 海士長を停職処分
ボールペン型カメラでスカート内盗撮 容疑の3等陸曹を逮捕 
女性のスカートの中を盗撮の大阪・鶴見署の元巡査を送検
勤務先で多発、子供が大半…浮かび上がる教員のわいせつ行為
20年後、日本はありますか?

池谷氏「当選しないと、やりたいことはできない」民主党公認(スポーツ報知)
<直嶋経産相>低レベル廃棄物受け入れを 青森県知事に要請(毎日新聞)
坂出3人殺害、遺族が介護資格…「人の助けに」(読売新聞)
2遺体に銃撃の跡?…伊勢崎4人死亡火災(読売新聞)
再生エネ最大1・4兆円 電力買い取り費 家計の負担増加も(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。